HOME>感想>離婚をするときは慰謝料請求するべき?【経験者の口コミ】

離婚をするときは慰謝料請求するべき?【経験者の口コミ】

離婚届

なんらかの原因によって、離婚という話になることがあります。そのときに、出てくるのが慰謝料でしょう。慰謝料請求をするとき、スムーズに話を進めるときはどうすべきでしょうか。口コミを見ておくと、参考になることがあるはずです。

みんなの声

相手の不倫が原因の離婚だったので慰謝料請求しました【40代/女性】

夫婦関係の破綻の原因を作った夫に対して、不貞行為に起因しているという弁護士さんのアドバイスをもとに、離婚請求の手続きに踏み切る勇気が出ました。40代にして、シングルになることへの不安以上に、夫に騙されていた点、相手に対しても怒りや哀しみの感情があり、毎日泣いていました。また、相手の素性を私自身が知っていたこともあり、相手にも慰謝料を要望したい気持ちでした。かといって、揉めたくなかったので、弁護士を立てて、最高裁判所までもつれる結果でしたが、離婚請求は受理されました。さらに毎月、夫から決まった金額の慰謝料も振り込みされており、相手に対しても妥当な金銭を請求でき、泣き寝入りせずに踏み切って正解でした。

子供がいるので相手から多めの慰謝料を頂きました【30代/女性】

30代で小さな子供がおり、夫婦間で協議離婚が成立できれば良かったのですが、子供の親権問題や、養育費などのお金の面で話しが拗れたので、離婚専門の弁護士さんに介入してもらいました。子供の将来も考えると、シングルでのこれからの生活への不安もありました。財産分与できるほどのモノもなく、生活も成り立たないように感じ、一般家庭で離婚時に貰う慰謝料よりも多めに請求しました。協議離婚から、家庭裁判所に調停の申し立てを行う内容になり、親権問題もトラブルにならず、権利が主張できました。養育費に加えて、毎月多めの慰謝料を夫に認めてもらえ、子供との新生活を始めることができています。もちろん、子供が成人するまでの間なので、法律を盾に請求して良かったです。

広告募集中