HOME>オススメ情報>弁護士や税理士を選ぶ際のポイント【ヒアリング能力に着目】

弁護士や税理士を選ぶ際のポイント【ヒアリング能力に着目】

相談

金銭に関わるトラブル全般を法律の専門家へ相談

借金問題の果てに起こる自己破産や、個人間での借金問題など金銭に関わるトラブルは複雑です。特に自己破産がかかわる場合は、法律的にもきちんとした手続きを踏まえないといけません。また、個人間のお金のやり取りの問題に関しては、刑事事件に発展することも考えられますので慎重にことを運ぶ必要があります。そのため、金銭に関わるトラブル全般は、法律の専門家に相談することをおすすめしています。

法律の専門家を選ぶ時に重視したいポイント

法律書

話をきちんと聞いてくれること

借金などがこじれてしまうまでには人それぞれのいきさつが存在するはずです。場合によっては、自己破産を回避できる可能性も残されています。きちんとヒアリングをして相談者の現況を把握することができる専門家を選びましょう。無料相談ができると、行き詰っている方も安心です。

方向性をきちんと決めてそれに従い動いてくれること

相談者が、これから自分がさらされている状況とどのように向き合っていくか、法律の観点からどのようにアプローチをしなければいけないのか、すり合わせが必要になります。そのため、ヒアリングだけではなく、どのように動いていくか相談者と方向性を決めてくれる専門家がおすすめです。

見積もりをきちんと出してくれること

相続専門の税理士や、自己破産の相談を受ける弁護士など法律の専門家は多岐にわたります。そこで比較したいのが、報酬です。士業は自由に報酬を設定してよい決まりになっているので、相場より高い事務所も少なからず存在しています。そのため事前に見積もりをもらっておくことも大切です。

実績が豊富であること

金銭問題・相続問題に関しては、一度話し合いがこじれてしまうと長期化してしまい裁判などに発展する可能性も秘めています。そのため、こういったピンポイントの問題に長けており、実績が豊富にある方に依頼することがセオリーです。できるだけ、専門で依頼を引き受けている弁護士を利用することも一案です。

広告募集中